■ C-Bag

酸化されやすいタンパク質試料等を酸化・劣化から守ります。酸化されやすいタンパク質試料の結晶化実験を、嫌気的条件下で行えます。

■ 特長

  • 特殊コーティングを施した低ガス透過性フィルムを使用しています。
  • 付属の脱酸素剤・酸素検知剤により、酸化されやすい試料を酸化から守ります。
  • フィルムが透明で内容物の確認がしやすいので、結晶化実験等の観察が容易です。また酸素検知剤の色で嫌気条件が保たれているか、ひと目で確認できます。
ベースフィルム 片面にシリカを蒸着したPETフィルム(12μm)
水蒸気透過度

0.08 g/(㎡・d) (40℃, 90%RH) ラミフィルムでの測定値

酸素透過度

0.1 c㎥/(㎡・24hr・MPa) (25℃, 80%RH) ラミフィルムでの測定値

脱酸素剤 密封容器内で、脱酸素状態(酸素濃度0.1%以下が維持されてる状態)を作ります。

■ 使用方法

■ その他

  • シーラーについて:
    • C-Bagは必ず熱圧着で完全密封してください。完全密封することにより、脱酸素剤の効果が期待できます。
    • 弊社では、「富士インパルス製 Tシリーズ、Pシリーズ、PCシリーズ」のシーラーを推奨します。
  • 脱酸素剤について:
    • 冷凍下では、酸素吸収速度が遅くなります。(例:-20℃で脱酸素状態にするには、3~4週間かかる。)室温に戻すと、
      本来の速度に戻ります。
    • 酸性製品やアルコールやpH調整剤等をご使用の際、脱酸素剤より錆びが発生する場合があります。
    • 本脱酸素剤の主成分は特殊処理された鉄粉です。鉄が酸化する時に酸素と結合する働きを応用して、密閉容器内の酸素を吸収することで、酸化による悪影響を防ぎます。
  • 酸素検知剤について:
    • 脱酸素状態(0.1%以下)ではピンク、酸素に触れて数分後にはブルーに変わります。封入作業はなるべく迅速に行って
      ください。
    • 開封する前に中の酸素検知剤がピンクを示していることを確認の上ご使用ください。
  • ◆ 特別仕様も製作可能 ◆
     ご希望の寸法でbagを作成することもできます。ご相談下さい。

■ 希望小売価格

商品コード 商品名 1セットの内容 袋入り数 料金(税抜) 用途
MB2004-CRT601  C-Bag-S C-Bag-S 1枚
脱酸素剤  1個
酸素検知剤 1個
10セット \2,600 【試料保存用】
1.5mlエッペンドフチューブを2本収納可能
MB2004-CRT602  C-Bag-L C-Bag-L 1枚
脱酸素剤  2個
酸素検知剤 1個
10セット \5,000 【タンパク質結晶化実験用】

タンパク質結晶化用プレート

(150mmx117mm)を収納可能

■ カタログ