mainimage

■ コンフォーカルサイエンスについて

  • コンフォーカルサイエンスはタンパク質結晶構造解析の総合サービスをご提供します。結晶構造解析に関する様々な問題をご相談ください。CSグループ独自の技術で、ご希望の結果に近づけます。
  • コンフォーカルサイエンスは、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構の実施する「高品質タンパク質結晶生成実験」を支援し、タンパク質結晶化実験の経験を蓄積してまいりました。
  • コンフォーカルサイエンスは、世界の宇宙実験事業者が行っている微小重力環境下でのタンパク質結晶化実験を、結晶化技術のサービス提供、および結晶化セルの開発・製作で、支援しています。
  • コンフォーカルサイエンスは、タンパク質結晶化宇宙実験を実施する、世界の企業を技術支援しています。

■ 最近の情報

2021年1月13日New!!

JAMSSの創薬支援サービス「Kirara#2」で打上げられた結晶化装置が、SpX-21で帰還しました。

2020年12月9日New!!

JAMSSの創薬支援サービス「Kirara」で打上げられた結晶化装置が、野口宇宙飛行士によって、Space Applications Services社のICE Cubes Facilityに設置され、実験を開始しました。

2020年12月7日New!!

JAMSSの創薬支援サービス「Kirara」がSpX-21で打上げられました。コンフォーカルサイエンスが技術支援をさせていただいております。

■東大と宇宙でセルラーゼの結晶化に挑戦します

■対COVID-19世界初の宇宙実験、新型コロナウィルス治療薬研究に貢献します

2020年12月1日

Semi-empirical model to estimate ideal conditions for the growth of large protein crystals

が、Acta Crystallographica Section D誌に掲載されました。

H. Nakamura et al. Acta Cryst. (2020). D76, 1174-1183; https://doi.org/10.1107/S205979832001445X

2020年9月24日

ISS R&D Conference 2020 Online Seriesのテクニカルセッション(オンライン)で、コンフォーカルサイエンスの代表取締役 田仲が、口頭発表いたしました。

口頭:Scalable and Robust Capillary Devices for Protein Crystal Growth in Space.

2020年9月18日

コンフォーカルサイエンスと米AXIOM社が、国際宇宙ステーションでの結晶化実験サービスを目的としたプロフェッショナルサービス契約を締結しました。

2020年3月16日

コンフォーカルサイエンスが技術支援している、JAMSS創薬支援サービスKiraraで、東京大学 五十嵐圭日子先生のグループが、宇宙でのセルロース合成に世界で初めて成功しました。

2020年2月6日

JAXA PCG第17回宇宙実験が、ソユーズ宇宙船で帰還しました。

2020年1月30日

Methods for Obtaining Better Diffractive Protein Crystals: From Sample Evaluation to Space Crystallization. 

が、Crystals誌に掲載されました。

Y. Hashizume et al., Crystals (2020). 10, 78; https://doi.org/10.3390/cryst10020078

2020年1月8日

JAMSSの創薬支援サービス「Kirara」がSpX-19で帰還しました。

2019年12月6日

コンフォーカルサイエンスが技術支援をさせていただいております、JAXA PCG第17回宇宙実験が、プログレス輸送船で打上げられました。

2019年12月6日

JAMSSの創薬支援サービス「Kirara」がSpX-19で打上げられました。コンフォーカルサイエンスが技術支援をさせていただいております。

2019年7月20-24日

ACA2019 Annual Meeting(ケンタッキー, 米国)で口頭発表およびポスター発表を行いました。

口頭 : Methods and devices for protein crystal growth in space

ポスター : A capillary device for growing large protein crystals

過去の情報